日本のこころの教育

日本人はとても素敵だった

物語伝記シリーズ

  KANO

江戸の繁盛しぐさ

とてつもない日本

  天平の甍

親子で楽しむ新百人一首

人間力を高める脳の育て方鍛え方

新しい年をよく生きるためのセット

 
 

 
私には、21世紀にどうしてもよみがえらせたい日本人の感性があります。
それは「粋(いき)か野暮(やぼ)か」という価値観です。
 
たとえば、あなたが江戸時代に生きていると仮定してください。
江戸時代も、お金を借りた時には、当然 借用書を書きます。
 
これがもし欧米なら、
「期日はいついつで、それまでに返せなかった場合は、
 利子がどういう計算になって、担保はこれで」というぐあいに、
膨大な但し書きが加えられるでしょう。  
 
では、江戸時代の日本では、どんな但し書きが交わされたと思いますか?
 
「期日までに返せなかった場合は……。
 
 
LinkIconこのつづきを読む
 

毎週木曜日発行
読書のすすめメルマガ

清水店長のオススメ本やイベント、清水店長のメルマガだけのオリジナルメッセージをまとめてお届けします。